とある法務部員の備忘録

IT企業で法務をやっている独身アラサー。法務系のネタ、英語、雑記、ブログ運営などについて自由気ままに書き綴っています。

「Grammarly」のChrome拡張機能が最強過ぎる件

はてブの過去の注目記事の中に、こちらの記事を偶然発見し、「え、こんな便利なツールがあったの!?」と驚いたので、ちょと書かせてください。 Grammarlyについて、どんな機能があるのかは、こちらの記事の中で詳細に書かれているので、省かせて頂きますが…

アメリカ法(2)補償条項(Indemnity)の機能と修正の方向性

(2017年7月26日公開) 英文契約の中には、「Indemnity Clause(or hold harmless clause)」という特殊な条項があります。例えば、以下のようなものです。 Each party shall indemnity, defend and hold harmless the other party, their affiliate, respec…

少年野球チームの練習風景を見ていたら。

なんか、複雑な気持ちになったので、この記事を書いています。 今日、良い天気だったので、家の近くの公園までブラブラと散歩に出掛けたんです。そしたら、少年野球チームが練習してまして。休日にはよく見かける光景ですよね。「あー、良いなぁ」なんて思い…

契約審査(4)日本国内企業間で準拠法を定める意味

日本国内企業間での契約書の規定を見ていますと、第一審の専属的合意管轄裁判所については定めがあるものの、準拠法について定めていないものを見かけることがあります。 私は、準拠法を定めていない理由について、たぶん2つあると思っていまして、①戦略的に…

英文契約における但書き(proviso)の表現方法

日本語の契約書でも、ずらずらと原則を述べたあと、「但し」と前置きしてから、例外を書いていることがありますよね。「Aの場合は、Bとする。但し、Cの場合はこの限りではない。」といった具合に。法律の条文でも、例外を定める場合はこのような書き方が一般…

まったり薄給のブラック企業に勤め続ける友人の話

はじめに。 こちらの記事を読んで、共感する部分が多かったと言いますか、ふと大学時代の友人のことを思い出したので、今日は、その友人の話をしたいと思います(便乗する形になってしまいすみません…)。 出世タイプだったはずのSさん Sさんが勤める企業は……

だから司法試験に落ちたって人生終了じゃないって。

当ブログには、「司法試験 不合格 人生 終了」とか「資格試験 人生 狂う」といったネガティブワードで検索をかけて訪問される方がいるらしく、なんだか複雑な気持ちになる。そういうネガティブな考え方を持っている人が一定数いるということだから。 以前、…

書籍レビュー(5)「サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル」

今回ご紹介する書籍は、ネット中傷問題に精通している弁護士・清水氏著の「サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル」です。 本著は、企業法務担当者や弁護士などの実務家向けというより、ネット中傷問題や法律知識に疎い一般ユーザーを対象とした書籍であ…

サーキュレーターを使って部屋を冷やす実験

どうも。新しい部屋への引越しが完了したまさぽちです♫ 引越し先での暮らしはまだ始まったばかりであり、部屋の匂いとか、照明スイッチの場所とか、電源コンセントの位置とか、もろもろ新しい環境に慣れていこうとしている最中です。 んで、今日お話したいの…

社内法律相談の現場から(後編)

今回は、前回の記事↓ の続きです。 前回のすれ違いを踏まえ、法務担当者として、どのように法律相談と向き合っていけばよいのか。私なりに試行錯誤し、以下の点に留意するようにしています。 ① 過不足のない正確な情報を収集する。 ② 法的概念を平易な表現に…