コンプライアンス

厳格な自主的ルールを定めることの弊害

先日、当ブログでも書かせて頂いた神戸製鋼所の報告書の中に、「厳しすぎる社内規格」と題して、次のような記載があります。 真岡製造所等、一部の工場では、顧客規格よりさらに厳しい社内規格を設けていた。これは、そもそもより厳しい社内規格を設ければ、…

神戸製鋼所「原因究明と再発防止策に関する報告書」について

少し遅れましたが、神戸製鋼の報告書を読んだ感想を書き留めておこうと思います。 なお、報告書は こちら から閲覧できます。 神鋼は不適切行為の原因をどう分析したか。 収益評価に偏った経営と閉鎖的な組織風土 契約に定められた仕様の遵守に対する意識の…

就活学生が見るべき企業のコンプライアンス上のポイント

現在、BIZLAWの連載企画として、株式会社リクルートキャリア(就職みらい研究所所長)の岡崎さんによる「今、学生が仕事を選ぶ目 企業を見抜く目」という、学生と企業とのマッチングやコミュニケーション関連の記事が掲載されていますが、日々バックオフィス…

関西最後の鉄砦が崩れ去る日。

神戸製鋼の一連の不祥事について、国内のみならず、国外にも余波が広がっており、DoJ(アメリカ司法省)が、データ改ざん等を行っていた製品の関連書類を提出するよう要求するなど、経営陣は、リコールも視野に入れた断腸の舵取りを迫られています。 また、…

ヒカルくん、俺はそうじゃないと思うんだよ。

前回、当ブログにおいて、VALUの炎上問題について投稿しましたが、本件について、ヒカル氏が下記インタビュー記事のとおり、メディアの取材に応じました。 ヒカルくん。俺は、そうじゃないと思うんだよ…。 インタビュー記事を読んだ率直な感想です。またまた…

Youtuberヒカル氏のVALU炎上問題についてIT法務が思うこと。

どうも、まさぽちです。 以前、Youtuber ヒカル氏の動画にハマっているという記事を書いたんですが、現在、物凄い炎上を起こしていますね。。この件について、一応、IT業界で法務を務めている身として、思っていることや感じていることを書いてみたいと思い…

コンプラ研修会の振り返り(続き)

前回からの続き(補足)です。 今回、コンプラ研修会をやってみて、自分で気づいた点がほかにもあったので、追記したいと思います。 今回強く思ったのは、「コンプライアンスの正しい知識を身につけてもらう」というような一方的な視点をもつのではなく、「…

コンプラ研修会の振り返り。

すみません、独り言になってしまうかもしれませんが、今回社内で実施したコンプラ研修会の振り返りを。 うーん。やっぱりコンプラ研修会って難しいですね。 扱っている内容が内容だけに、くだけ過ぎるのは良くない。でも堅苦しい研修会にすると、ダラけてし…