とある法務部員の備忘録

IT企業で法務をやっている独身アラサー。法務系のネタ、英語、雑記、ブログ運営などについて自由気ままに書き綴っています。

なんでカナル型イヤホンばかりになっちゃったの?

スポンサーリンク

カナル型イヤホン

 もし、家電量販店とか音楽機器メーカなどにお勤めの方がいらっしゃったら教えて頂きたいことがあります。

 

なんで、最近の家電量販店などのイヤホンコーナーにはカナル型(耳穴に差し込むタイプ)のイヤホンばかり置いているの…?

 

 私は、スマホとかウォークマンに元から付属しているイヤホンを使うタイプでして、正直、音質とか何のこだわりもありません。聴こえるんだったら何でも良いって感じです。

 んで、iPhoneを購入したときに付いていたApple純正のイヤホンをずっと使用していたんですが、イヤホンジャックの接続部分がおかしいのか、勝手にSiriやボイスコントロールが起動する現象が頻発し、イヤホンを買い替えることにしたんです。

(これらの機能をオフにすることでも問題解消するらしいのですが、せっかくなんで買い替えることにしました)

 

 そしたら、私が訪ねた家電量販店では、カナル型のイヤホンがずらりと並び、なんとオープンイヤー型(昔の主流だった平たいタイプ)のイヤホンはたった1個だけ。しかも、そのイヤホンは売れ残りらしく、一番下の段に、ぽつんと「在庫処分大特価」のシールが貼られ、500円ぐらいで売られていました。やべえ、めっちゃ可哀想…(買わなかったけどね)。

 

 私は、カナル型が主流なのは知っていました。音漏れしにくいといったメリットがあるのも分かります。ただ、オープンイヤー型を市場から消し去るほどの万能アイテムか…?と、大いに疑問を感じております。はい。

 実際のところ、私は全くカナル型イヤホンが合わず、すぐに耳が痛くなってしまうタイプでして(私と同じようなタイプの人も少なからずいらっしゃると信じたいです)、結局、お店に売っていないためネットでポチったんですが、いやぁ、時代は変わったもんですねぇ。昔はオープンイヤー型しかなかったのに…。

 

 イヤホンについて、ちょっと困り、ちょっと疑問に感じたというお話でした。