とある法務部員の備忘録

IT企業で法務をやっている独身アラサー。法務系のネタ、英語、雑記、ブログ運営などについて自由気ままに書き綴っています。

法務ブログの数が少ないと思ったのでちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

法務ブログ_調査

 現在、私はTwitterアカウントを作成し、同じく法務をされている方や弁護士の方などをフォローしているのですが、ふと思いました(追記:2017/10/1 Twitterアカウントは削除しました)。

 

ブログをやっているという話をあまり聞かないな…。

 

 はっしーさんの「企業法務マンサバイバル」とか、Ceongsuさんの「日々、リーガルプラクティス」とか、dtkさんの「dtk's blog」など、私がいつも楽しみに読ませて頂いている法務ブログも勿論あります。はてなブログ上でも、法務ブロガーさんをお見かけすると、読者登録させて頂いています(特にご挨拶もなく、読者登録をしてしまいすみません…)。

 

 しかし、それ以外にあまりお目にかかることがなく、「私が知らないだけで、皆さんブログを運営されているのではないか?」と思い、Twitterのフォロワーさんのプロフィールページに、ブログへのリンクが張られていないか確認してみました。

 すると、会社や法律事務所のホームページ、Facebookへのリンクなどを除くと、ブログへのリンクを張られている方はほんのごく少数であることが分かりました(ブログを運営されているけれども、Twitterと紐付けていないという可能性も勿論あります)。

 

 ちなみに、2017年9月24日現在におけるブログ村「法務・知財カテゴリー」の登録数は177です(私は未登録)。うーん。どうなんでしょう。当該カテゴリーのブログを拝見していますと、弁護士、弁理士の方のブログが大半を占め、純粋な「法務ブログ」と呼べるものは少ないようにお見受けします。

 

ブログよりもTwitter?

 確かに、Twitterの方が手軽ですし、ブログを運営するとなると手間暇がかかります。なので、ブログが敬遠されるというのは何となく分かります。また、「横の繋がりの構築や情報交換だったらTwitterで十分」という考えもあるんでしょう。

 ただ、Twitterってちょっととっつきにくいんですよ。内輪でワイワイ雑談しているイメージと言うんですかね。個人的には、その人の考え方を、ゆっくり・じっくりと、ブログ記事という形で接することができれば良いのになーと、実は思っています。タイムラインに埋もれることもないですしね。

 

 忙しくてブログを更新している暇がないとか、会社の方針的にSNS・ブログはNGとか、色々理由はあると思いますが、法務ブログの数が増えて欲しいなぁぁと願いつつ、本日はここまで。

 なお、法務ブログ以外のブログも、もちろん拝見させて頂き、日々刺激を受けさせて頂いています!(*^^*)/